投稿

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

イメージ
自民党の杉田水脈議員のLGBTに対しての発言を聞いて改めて日本には障害者差別が根強くあるんだなと思い知らされます。 杉田議員の主張を聞くとLGBTを理解する必要もないし支援する必要もない。LGBTにさせないようにしなければいけないといった主張でした。 学校でなぜLGBTを理解させる教育をしなければいけないのか。LGBTは自殺率が6倍高くなる。多感な時期には同性を好きになることもあるかもしれない。しかしそこで認めたら同性愛者になってしまう。だからそこで正常に戻す必要がある。 自殺率が高くなるのは社会の無理解により同性愛者が苦しんでいるからでしょう。 僕は同性愛者ではないからLGBTの人の気持ちはわかりません。しかしだからといって否定もしないし生産性がないとも思わない。 政治家がしなければいけないことは自殺率が6倍にもはね上がっている同性愛者を救うことではないでしょうか。 最近自らがLGBTであると公表した経済評論家の勝間さんが今回の件とは別にこう発言していました。 「LGBT差別も外国人差別も女性差別もいかに差別が無意識に根付いているか、政治家の失言にも見られますね」 勝間さん自身も差別を感じて生きてきたのかもしれませんね。 勝間さんはLGBTとは別にADHDもあるらしく僕自身もADHDなので活躍している勝間さんの姿にいつも励まされています。 少なからず杉田議員のような考え方の人がいるのは理解しているし人間の心の中にはなにかしらの差別感情はあります。 しかし政治家という公の立場の人が堂々と差別的な発言をした場合社会にどのような影響があるのか政治家の人達には考えてもらいたいです。 そして自民党はいつまでこういう発言を許しているのか。 杉田議員はTwitterで先輩議員から心配され励まされていると書いていました。 発言をとがめられ注意されるどころか励まされている。いったいどういうことなのか。 杉田議員は自民党の差別問題特命委員会の委員です。 自民党は党としてこうした認識なのだろうか。 社会から差別を完全になくすことは難しい。しかし少しでもなくしていくためには公の立場にある人やメディアは差別発言をしない。 差別を容認するような空気は作らない。これしかないのではないでしょうか。 津久井やまゆり園の障害者を襲い、19人刺殺、26人に重軽傷を負わせた植…

大相撲名古屋場所千秋楽

イメージ
大相撲名古屋場所千秋楽

14日目に優勝を決めている御嶽海は千秋楽豊山との取組でした。
豊山は昨日高安を破るなどここまで好調を維持している力士です。
ものすごい相撲になりました。

優勝を決めている御嶽海におくすることない堂々とした相撲で最後は土俵際御嶽海を掛け投げで破りました。
今場所は3横綱と栃ノ心が休場するなど大変な場所になったけど若い力士が活躍する場所になったのがよかったと思います。


優勝インタビューも初々しかったです。大変緊張していたらしく帰ったらなにを言ったかたぶん覚えていないと言っていました。

だけどいっぽうでちょっと残念というか心配なのはやはり上位陣の不甲斐なさ。横綱が全員いなかったのと大関は優勝争いに加わることすらできなかったこと。
御嶽海の活躍や若手の頑張りで場所は救われたけど来場所は上位陣の奮起にも期待をしたいです。

優勝-御嶽海

殊勲賞-御嶽海

敢闘賞-豊山、朝乃山

技能賞-御嶽海



にほんブログ村
人気ブログランキング

小泉氏が野党に提言 脱原発で一本化せよ

イメージ
小泉さんはよほど安倍総理に不満があるのでしょうね。かつての政敵である小沢先生の政治塾に招かれ野党に脱原発で一本化するように呼び掛けました。

小泉さんは政界引退後脱原発を掲げていて安倍総理にも脱原発の必要性を訴えていたといいます。しかし安倍総理には脱原発の意思はなく逆に推進派なわけで野党に力をかそうと思ったのでしょう。

小沢先生とタッグを組むのは30年ぶりのことらしいです。

ただし選挙には関わらないと言っているのでこれから野党とどのように連携をしていくのかにも注目です。
小泉さんの息子の進次郎議員は自民党議員なわけでどこまで野党と歩調を合わせてくれるのか。
去年の衆議院選挙では小池氏の希望の党を応援していたと思うのだけど途中から身を引いた印象があるので小沢さんとはしっかりと連携をしてほしいです。

当然脱原発以外では政策の違いは野党間にも小泉さんと野党の間にもかなりあります。
しかし安倍一強を打破するためにはとりあえず野党が一定の勢力を来年の参議院選挙で取らなきゃいけないという現実もある。

若い世代には小泉さんや小沢さんの名前を聞いてもあまりピンと来ないといった話もあるけど選挙の投票率は圧倒的に中高年者のほうが高いわけで影響力はあると思います。
絶対に参議院選挙では野党が勝ってほしい。
保守とかリベラルとか関係ないと思います。日本の政治を正常な状態に戻す。これが大儀になると思います。


バラバラの野党が一つになる象徴のような存在に小泉さんにはなってほしい。
にほんブログ村
人気ブログランキング

大相撲名古屋場所14日目 御嶽海初優勝、男泣き

イメージ
大相撲名古屋場所14日目 関脇の御嶽海が出羽の海部屋として50回目、昭和55年三重の海以来38年ぶりの優勝を果たしました。出身地の長野県からは初となります。 これで来場所は大関取りとなるといいます。 NHKのインタビューで御嶽海は優勝してなにが頭をよぎったか聞かれてからしばらく涙で話せませんでした。 感きわまったといった感じに見えたしいろいろなプレッシャーから開放されて一気に気持ちが込み上げてきたのかもしれません。 勝ち越し、二桁を目標にしていたけど優勝できるとは思っていなかったといいます。 来場所はおそらく3横綱も栃ノ心も復帰します。 御嶽海が来場所どんな相撲を見せてくれるか楽しみです。
にほんブログ村
人気ブログランキング

枝野さんの大演説を聞きました

イメージ
昨日枝野さんの内閣不信任案に関する演説を聞きました。枝野さんは西日本で甚大な被害が出ている最中に内閣不信任案を提出することを大変迷ったという。 しかし自民党に休戦を申し入れたにも関わらず西日本災害の対応に専念するどころか参議院議員の定数増やカジノ法案など災害対応そっちのけで党利党略に走る安倍政権の姿勢を見て内閣不信任案の提出に踏み切ったといいます。 3時間近くになる大変長い演説だったけど時間を忘れるくらいに聞き入ることができたし素晴らしい演説だったと思います。 枝野さんの演説はいつもわかりやすく鋭くそして温かさの感じる演説だなと思って聞いていました。 一般庶民の目線に合わせてわかりやすく演説してくれているのだと思います。 内閣不信任案を提出した理由としてはおそらく3時間でも足りないくらいにこの5年半積もりに積もったものがあるのだと思います。 7つにわけて細かく説明していました。 一つ一つすべてが大事なことでありけしてなあなあにしてはいけないことです。 枝野さんの演説の中で僕がとても印象に残っているのは保守とはなにか、民主主義とはなにかといったことを話している場面です。 「保守とは人間が不完全な存在であることを前提に歴史から学び制度を少しずつ改革していく。塾議を重んじこの道しかないと突き進むのは保守主義の最も嫌うところです。」 これは記事でも読んだけど枝野さんははっきりと安倍政権は保守ではないと言っていましたね。 そして歴代の叡知を集め作ってきた現在の制度を守りそれを象徴するものが憲法であるといいます。 立憲主義とは保守主義そのものであり枝野さんは自分こそが保守本流であるといいました。保守とはそもそもが寛容なものであり意見の違う存在を攻撃して言論封鎖するようなことはしない。 そのときに起きたおそらくは自民党議員からであろうヤジの大きさはひどかった。僕にはヤジの声がネット上のネトウヨと重なって見えてしまいます。 そして民主主義についても語っていました。 民主主義とは多数決を指すものではない。 もしも多数決で決めたことがすべて正しいとなればそれは数による暴力であり理不尽なことが起きてくる。 例え話がとてもわかりやすかったです。 マンションにエレベーターをつけるとき多数決でもしも2階から上の人たちが費用負担をすべて1階の人に押し付けた場合多数決によりそ…

大相撲名古屋場所13日目  御嶽海が豪栄道破る

イメージ
大相撲名古屋場所13日目 昨日高安に破れ1敗となった関脇御嶽海が大関でここまで3敗の豪栄道を破り1敗を守りました。 立ち合いを見る限り固くなっているように見えたのは豪栄道でした。なかなか立つことができず迷っているように見え、逆に御嶽海は集中力を保って立つことができたように見えます。 横綱が全員休場して大関の栃ノ心も休場する中で御嶽海がとても大きく見える。優勝へ大関取りへこのまま頑張ってほしいです。 明日勝てば優勝が決まりもし破れても3敗の豊山、朝乃山がともに破れれば決まります。 残り二日もいい相撲を見せてもらいたい。
にほんブログ村
人気ブログランキング

日本は事実上の一党独裁だ

イメージ
議会制民主主義の元祖イギリスの政治家エドマンド・バークの言葉を聞いていかに日本の政治が劣化しているか改めて感じました。 「保守とは人間が不完全な存在であることを前提に過去や現在の制度にこだわらず歴史から学び制度を少しずつ改革する。この道しかないという態度は保守主義者の最も嫌うところです。塾義を重んじ権力の行使には臆病なくらいに慎重に」 はたして日本の政治は塾義を重んじ権力の行使には臆病なくらいに慎重にといえるだろうか。 相次ぐ強行採決。 もうはっきり言って議会は機能不全に陥っているしまったく意味がない。民主主義とは議論をつくして物事を決めていくものであり強行採決などあってはならないことです。しかし今の日本の政治は強行採決が珍しくもなく今日はカジノ法案が強行採決される見通しになっています。

最近可決された改選公選法など日本の人口が減っていく時代の中なんの意味があるのだろうか。

民主党政権のときの党首討論で当時の野田総理は安倍総裁に議員定数削減を一緒にやってくれるなら解散しますと言いました。安倍総理はそれを約束したし約束したから野田政権は解散したのです。
それが今回まったく真逆の定数増の法案を可決させたのだから驚きとともに愕然とします。
法案成立前に自民党の小泉議員は国民を舐めてはいけないと言っていました。
そう言っていた小泉議員も法案には賛成票を投じた。

そして採決を棄権した船田議員に対しては自民党は戒告処分としたという。

はっきり言って国民は舐められていると思います。安倍政権にも小泉議員にも。民主党との約束を破ったからではありません。もはやなにをしても許されるしやりたいように自由に法案を通せると思われているのです。
増税をしながら議員の数は増やす。身を切る改革などもはや口にもしなくなった。
野党のふがいなさを批判する人もいるが野党を弱体化させたのは他ならぬ国民です。投票率はどんどん下がりそれととも安倍政権は強くなっていきました。

僕は今の政治状況は間違いなく一党独裁になってしまっていると思います。そしてそれを作ったのは国民であり国民の無関心が独裁を生むのです。

安倍政権の権力ぼけは災害対応にも現れていると言わざるえません。
西日本豪雨への警戒はずっと気象庁が呼びかけていました。7月5日気象庁は記者会見を開いています。
しかしその夜安倍総理をはじめとする自民…