投稿

子供の命を守るために社会全体が変わらなければいけないのではないのか

イメージ
子供が被害にあう事件が後をたちません。虐待や連れ去りなど、日本中で事件が起きています。日本はよく他の国よりも治安がよく平和だと聞きます。しかし子供が現実に被害にあい犠牲者となってしまっている事実はあるわけで今のままでよいとは到底思えません。事件が起きるたびに悲しいとか対策をしなきゃいけないとかと声は上がるが何度も同じ事件が繰り返されている。子供は社会の宝です。国の未来です。子供の命よりも大切なものなどないし何よりも守らなければいけないものです。
だったら100%防ぐ対策をしなければいけないのではないだろうか。99%防いだとしても1%の被害者が出てしまってはいけないのです。
最近では北海道で登下校中の児童が殴られたり腕を捕まれたりする事件が多発しているという。現在は保護者が付き添い登下校しているといいます。 残念ながら子供を狙った卑劣な事件というのは後をたたないし日本中のどこで起きても不思議ではありません。北海道じゃなくても他の地域で起きるかもしれないしほとぼりがさめたらまた北海道で起きるかもしれない。 登下校を子供だけでさせるのも街を子供だけで歩かせるのも危険すぎると思います。予算はかかるかもしれないけれどスクールバスで100%送り迎えはするべきです。アメリカなどでは子供だけで街を歩かせたら虐待と見なされると聞いたことがあるけど日本でもそのくらいの認識が必要ではないだろうか。 そして悲しいことに本来ならば守ってくれるはずの親から虐待をうけてしまっている子供の数もものすごい数にのぼっています。

12万2500件というのはおそらく氷山の一角でしょう。子供は自ら通報したり助けを求めたりすることができません。まわりの大人が気づいて発覚するケースがほとんどだと思うし、逆に気づいてあげられなければ虐待はずっと続いてしまいます。
東京で5歳の女の子が虐待死する事件がありました。わずか5歳の女の子がノートに書きつづったあの言葉は絶対に忘れてはいけないしあの声に社会は答えなくてはいけません。悲しいだけで終わらせてはいけないのです。
今のままでは児童相談員の数は足りないし権限も弱い。児童相談員の数を増やすことや児童相談員の判断で強制的に部屋に立ち入ることができる権限を与えることが必要だと思います。
そして虐待死を未然に防ぐ対策として親への罰則の強化も必要です。虐待死の場合ほとんど…

こんな幕引きを許していいのか

イメージ
財務省で起きた公文書改ざん、破棄、隠蔽事件。捜査を受けていた財務省20人の職員は不起訴になり麻生大臣も続投をするという。
しかし公文書を改ざんした事実はあるわけだし意図的に破棄、隠蔽したことも事実だ。こんな重大な事件が不起訴になり大臣も責任を取らないとなればこれは大変な国会軽視ということにはならないだろうか。国会に提出された資料をもとに国会論戦というのは行われて事実の検証が行われるわけです。資料を隠したり改ざんしたりすれば国会は機能不全に陥ります。政府与党に都合の悪いものは改ざんして隠して破棄する。こんなことがまかり通っては日本の議会制民主主義はどうなってしまうのか。


改ざんのきっかけは総理のこの発言から始まったと言います。 僕は非常にこのことに違和感を感じてしまいます。わざわざこんな理由で財務省の職員が公文書改ざんという大変なリスクのあることをするだろうか。事実佐川氏は国税庁長官を辞任に追い込まれ証人喚問を受け検察の捜査を受けています。総理を守るという理由で逮捕されるかもしれないリスクを超エリートが犯すというのはどうもふにおちない。

財務省の職員の中には自殺にまで追い込まれた職員もいるわけです。なにかまだ隠されている事実があるように思えてなりません。 そして破棄、隠蔽された資料が検察によって復元され国会に約4000ページ提出されたが肝心の日付の資料だけが提出されていないらしい。たしか4月28日の資料が提出されていないらしく財務省はこの後におよんでもまだ隠蔽を続けるつもりなのかと感じます。




そしてこれだけの事件が財務省によって起きたにも関わらず責任を取らない大臣。いったいなんなのでしょうか。



佐川氏を任命したのは麻生大臣です。そして公文書改ざんという重大な事件が起きたのは日本の国政史上初めてのことです。あまりにも責任の取り方として軽すぎやしないだろうか。ほとんど責任をとっていないのと一緒です。麻生大臣にとって170万など微々たるものだろう。
責任をとれないなら大臣になどなるべきではない。これは麻生大臣を任命した安倍総理にも責任があると思います。 安倍総理は膿を出し切ると言いました。 なにをもって膿を出し切ると言ったのだろうか。 そして自民党や公明党があまりにもおとなしすぎる。普通ならポスト安倍の動きが活発になってもいいはずだし安倍大臣の責任論が強く上がっていいはず…

党首討論を見た感想

イメージ
本日行われた党首討論。本来ならば定期的に行われなければいけないはずなのに1年半くらい行われていなかったわけです。そういうところも安部政権になっておかしくなったなと感じます。
無所属の会は持ち時間が短すぎて割り当てられた時間を立憲民主党と国民民主党に譲ったそうです。
今日は立憲民主党、国民民主党、共産党、維新との党首討論になりました。


まず立憲民主党、枝野代表の質問は森友問題、加計問題のものでした。
印象としては総理は聞かれたことに端的に答える気はなく長々と答弁して時間を費やし終始自己弁護、言い訳に徹していたなと感じた。作戦なのでしょうか。議論が噛み合わないし枝野さんの3倍くらいは話していました。そして驚いたのが夫人付きの谷さんが動いていたことをそれが森友問題の本質ですか?と話したところ。そこが本質だということに本当に気づいていないとしたらよっぽど感覚がずれていますね。一般人の籠池氏のために総理夫人付きの職員がわざわざ動いているじてんで異常なことですよ。
枝野さんの持ち時間は総理の長々とした答弁でほとんどの時間を奪われました。

国民民主党の玉木代表はアメリカの貿易措置とロシアとの北方領土問題についてのものでした。アメリカから貿易措置について事前通告はあったのか。仲良くしているだけではなく言うべきことは言ってやるべきことはやるべきだとかロシアに経済的なメリットだけ持っていかれるのではないかとか、助言提案的な質問が目立ちました。
しかし気になったのは立憲民主党との距離を感じたこと。乱闘国会からは決別するという発言は立憲民主党への皮肉にも聞こえました。今後野党連携がうまくいくのかどうか不安に感じます。
総理も心なしか枝野代表のときよりもしっかりと答弁しているように見えました。

共産党の志井委員長の質問にはまともに答える気はないんでしょうね。聞かれたことに対して答えてません。
どうして安部政権になって改ざん、隠蔽、意図的な破棄が起きるのかといった質問に答えられず志井委員長が代わりに「総理を守るためでしょう」と答えるしまつです。官僚が総理を守るためにしたというのは間違いないでしょうね。

維新の片山代表はもともと自民党の人間だし維新の立ち位置は野党よりも与党よりだから期待はしていませんでした。予想どおりモリカケにはうんざりしていると総理の擁護をします。
ただ内閣人事局に対する苦…

国会審議があまりにひどい

イメージ
愛媛県が国会に提出した新たな文書、そして意図的に破棄されていた森友文書について国会での審議が始まったのだけど相変わらず政府の審議に対する姿勢は不誠実そのものに見えました。

立憲民主党の福山議員が加計問題について追求していました。
事の経緯を説明する福山議員。総理の側近たちが発言したという文書が証拠として残っているわけですよね。福山議員の言うとおり証拠に対してただ言ってない、関わってないと言って否定するというのは明らかにおかしい。じゃあ、なんで文書が存在しているんですかと思います。 しかも事実を示した事に対してそれは「作られたストーリー」とは唖然とするしかありません。 国会というのは審議をする場であって片方が審議をしようとしても片方がはぐらかし逃げてしらを切っていたら審議になりませんよね。僕は安倍政権になって国会が機能不全になっているのではないかと感じます。これは野党の責任ではありません。政府、与党側の傲慢、おごり、そういった姿勢にあります。 その原因はどんな不誠実な対応をしようと絶対多数を持っている余裕でしょう。野党側が少数すぎるのが原因でありもっと言えば与党に力を持たせすぎる国民、野党を弱体化させすぎた国民に原因があると思います。 そして今回加計学園がかってに総理の名を語り愛媛県や今治市に嘘をついた問題。 小池議員の言うとおり総理は怒らなきゃいけないのになぜ平然としているのか理解に苦しみます。籠池氏については詐欺を働く人間とまで言っているわけですよね。明らかにおかしいです。 加計学園側を国会に呼んで話を聞く必要があるし紙切れ一枚で謝罪をすればいいというものではありません。 中村知事も「愛媛県、今治市に対して謝罪、説明をして責任者は記者会見を行うという手順をしなければおかしい」と話しています。 以前前川さんが行政が歪められていると話していたけど本当に歪みまくっていますね。けっきょく加計学園にしても森友学園にしても総理のお友だちなわけでお友達優遇が根底にあると見えます。 森友問題では総理夫人付きの谷さんがわざわざ夫人のためではなく森友学園のために動いているのです。しかし総理は問い合わせただけと言って国会で同じ答弁を繰り返す。 谷さんが動くというのは夫人が動いているのと一緒ですよ。そしてそのことが8億値引きに大きく関係していたのではないかと見るのが普通…

被害選手が宮川選手にかけた言葉に感動する

イメージ
悪質タックル事件で被害にあった選手が試合に復帰をしたといいます。まだ痛みのある箇所があるようだけど復帰をしたということで宮川選手もほっとしたことでしょう。
そして被害選手は宮川選手に声をかけました。
「もうアメフトをやる資格がないと言っていたがそんなことはないと思う。試合で正々堂々また闘いたい」
被害にあった選手にこう呼び掛けてもらえたら宮川選手も救われますね。
僕も宮川選手はアメフトをやる資格がないというのは違うと思います。やってしまったことは許されることではないけど試合後の宮川選手の行動は自分の罪を重く受け止めてしっかりと反省をしている。試合後に涙を流したということはそれだけ宮川選手の良心が強いことの現れだと思います。そして実名、顔だしで記者会見をした姿は男としての潔さを見ました。 全治3週間の怪我を負いながらも相手の謝罪を受け入れて許した選手もしっかりと罪を受け入れて反省をしている選手も将来いい指導者になるだろうなと感じます。言い訳ばかりで自己弁護しかしない大人たちよりよっぽど人としての器が大きい。 自分たちの罪を認めず宮川選手の受け取りかたの問題だとか言ってない聞いてないとしらをきっているけど日大アメフト部の選手たちもそろそろ限界のようですね。近く声明を出すようです。
宮川選手は記者会見のときに自分以外にも聞いている選手がいたと言っていました。そうなれば証人ということになりますね。選手側が声明を出すというのは大学側に任せていたら事実が明らかにはならない、宮川選手が訴えていることが真実であるということを証明したいという思いが強くあるのでしょう。 大人はどの世界でも真実よりも組織防衛ばかりを考えがちです。しかし一番大事なのは真実であり真実をねじ曲げて誰かを傷つけるなど絶対に間違っています。 正しいことは正しいし間違っているものは間違っている。それ以上に大事なことはないし嘘を正当化することなどできないのです。
人気ブログランキング
にほんブログ村

大相撲夏場所千秋楽 横綱鶴竜が2場所連続5回目の優勝  関脇栃ノ心は大関昇進が確定

イメージ
大相撲夏場所千秋楽


今場所前半から後半まで場所を引っ張ってきたのは関脇の栃ノ心でしたがやはり横綱が底力を見せたなといった印象をうけます。鶴竜は決定戦に持ち込むことなく横綱白鵬を破り2場所連続優勝を決めました。

鶴竜の相撲は力強くそして非常に巧みさがあります。琴奨菊戦の立ち合い変化は残念でしたが横綱の力を今場所も見せてくれたと思います。心配なのは白鵬ですね。11勝4敗。成績以上に力の衰えを今場所は感じました。なにか白鵬の時代は終わったなと感じます。

今場所優勝したのは鶴竜でしたが主役は間違いなく栃ノ心でしたね。取り組み前から大関昇進は決まってましたが最後に勝って昇進に花を添えました。

できれば優勝決定戦を見たかったけど最後に勝って場所を締めて本当によかったと思います。

稀勢の里や高安、そして場所中に豪栄道まで休場になり上位陣は休場力士がたくさんいる場所になったけどすごく見ごたえのある場所だったと思います。いい相撲がたくさん見れたしあっという間の2週間でした。来場所は休場力士もしっかりと体調を整えて復帰してほしいと思います。


3賞は

殊勲賞-松鳳山
敢闘賞-栃ノ心、千代の国、旭大星
技能賞-栃ノ心

でした。


人気ブログランキング
にほんブログ村

日大理事長の対応がすべてを物語っているように見える

イメージ
パチンコ屋から出てきた理事長の対応を見て日大の体質がすべて見えたような気がしました。自分の大学が今どのような立場にあるのかを考えたらこういう受け答えは普通できませんよね。なにか他人事のようなまったく責任を感じていないようなとても無責任な対応に見えました。
部の責任だとか自分はアメフトはわからないとかそういう問題ではないと思います。自分のところの学生が顔を出して実名で記者会見をした覚悟をどのように考えているのでしょうか。 そして傷害教唆ではないかと言われているのが大学ナンバー2の常務理事であり事はアメフト部だけの問題ではありません。理事長がこんな感覚ではそりゃ危機管理部も機能しないし監督の記者会見の司会者の対応もそうなるだろうなと感じます。 おそらく大学だけでは事件の真相解明はできないでしょう。被害者のお父さんが警察に被害届を出したのは正解だと思います。 この理事長は相撲をやっていたらしく相撲部の監督もしていたといいます。教え子には舞の海や琴光喜もいるとか。 なんか相撲のイメージまで悪くなってしまいますね。 日大の問題は組織のあり方とか危機管理とかスポーツとはなにかとかいろいろ考えさせます。 組織ってやっぱりトップに立つ人間がどういう人物なのかによって変わると思うんですよね。リーダーシップを発揮して組織を正しい方向に導いていけるのかどうか、そしてしっかりとしたガバナンスの組織を作れるのかどうか。頭がちゃんとしなければ手足は動かせません。 日大が自浄能力を発揮するのは難しいだろうなと理事長の姿を見て感じざるえない。
人気ブログランキング
にほんブログ村