日本はいつからこんな国になったのだろうか

日本は本当に陰湿な国なんだなと感じます。そして社会はそれを見てみぬふりをする。 昨年自らが受けた性被害を勇気をだして訴えた伊藤詩織さん。詩織さんはその後凄まじい誹謗中傷を受け強迫まであったといいます。 なぜそんなにまで激しく誹謗中傷を受けているのかといえば詩織さんが訴えている男性が安倍総理の番記者だったジャーナリストであることが大きな要因なのだろう。詩織さんが被害を訴え、加害者は無実を主張している。どちらが本当のことを言っているのかはわからないが被害を訴えている女性に対して激しく誹謗中傷するのは多くの性被害者の萎縮に繋がるのは明らかだと思います。 詩織さんは日本にいられなくなり現在はイギリスで暮らしているという。そしてイギリスで詩織さんの事件についてドキュメンタリー番組を放送していました。 僕は詩織さんに対するネット上の誹謗中傷や強迫は社会的ないじめそのものだなと感じます。 日本は学校でも会社でもいじめがあったときいじめられる側に原因を押しつけいじめる側を正当化する風潮が強くありはしないだろうか。 イギリスBBCの報じた番組名は「日本の隠された恥」というもので現在詩織さんに対して行われているバッシングというものは世界から見れば恥ずべきものだということです。 ネット上には目を疑うような誹謗中傷が数多く並び投稿者というのはネトウヨと呼ばれる極右思想の輩だ。 そして僕が驚いたのは政治家までもがその流れに同調しているということ。 自民党の杉田水脈議員は 「伊藤詩織氏の事件が被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられることに怒りを感じます」 「女としての落ち度がありますよね」 「きっちり断れるスキルも必要」 加害者が無実を主張しているので強姦事件の真偽はわかりません。しかし杉田議員のコメントを見るとまるで強姦事件があったとしても女性に落ち度があった場合は被害者になったとしてもしょうがないというように聞こえます。これは明らかに被害者叩きですよね。強姦事件があったら100%加害者が悪いのであって被害者の落ち度は関係ありません。 しかも政治家が一般人の伊藤詩織さんに対してこのような発言をツイートすることに怒りを感じるし悲しくもなります。 そしてそのようなツイートがものすごい数で現在拡散されている。 イギリスのメディアが伊藤詩織さんの番組を報道しているのに日本のメディアはいつまで黙っているのだろうか。詩織さんが記者会見を開いたのは昨年のことです。 僕はテレビで詩織さんの報道を見たことが一度もない。報じているのは週刊誌やネットニュースくらいなものでいったいなぜテレビは報じないのだろう。 もしも報道規制がしかれているとすればもはや日本には報道の自由もなくなったということです。 イギリスBBCが報じた詩織さんの番組はYouTubeからどんどん削除されている。 まるで何事もなかったかのようにテレビでサッカーや他のニュースを見るたびに社会は詩織さんを見殺しにしているんだなと悲しくなります。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る