日本代表感動をありがとう

サッカー日本代表の試合は残念ながら今日で終わりとなってしまいました。 本当に悔しい。 振り返ると前半戦は圧倒的にベルギーに攻め立てられボール支配率もベルギーのほうがはるかに高かった。しかし日本はベルギーの猛攻をなんとかしのいで0-0で後半に繋げることができました。 そして後半に入り日本は原口のゴールで先制をする。日本はそこで守りに入らずにさらにベルギーを攻め立て乾が2点目のゴールを決めます。 試合後西野監督はそこからさらに3点目を狙いにいったと言っていました。結果論になるけど2点リードしたじてんでもしも全員で守りに入っていたらと思ってしまいます。しかし2点を跳ね返し3点取ってしまうのが世界トップクラスのベルギーなのかと痛感もする。 ベルギーは本当に強かった。 シュートの数が倍以上あるしボール支配率もベルギーが50%以上ある。 その中で日本はよく戦ったと思います。 サッカーを見て泣いたのは初めてで日本代表が必死に戦っている姿は多くの感動を与えてくれた。 僕はゲームが始まる前もしかしたらベルギー相手に大差をつけられて負けるのではないかと心配もしていました。しかし日本は2点を先制してもしかしたら勝てるかもしれないと思わせてくれた。 夢と感動を与えてくれた日本代表にありがとうと言いたい。 負けてしまったし悔しい思いはもちろんあるけどはるかに格上の相手にひるむことなく戦った日本代表を誇りに思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか