日本代表、首の皮一枚でトーナメント進出決める

サッカー日本代表はポーランドに破れたものの決勝トーナメント進出を決めました。 セネガルに勝ったコロンビアが勝ち点6、日本とセネガルが勝ち点4、得失点差、総得点で並びフェアプレイポイントで日本がセネガルを上回った。 ポーランドの2試合を見る限り日本が負けるということは予想していなかったけどポーランドの意地というかプライドを見たような気がします。 さすがFIFAランク8位ですね。 日本は選手を6人入れ替えて試合に挑んだけどけして悪い試合ではなかったと思います。 ただ岡崎選手が足を痛めていたのが気になりました。あまりコンディションがよくなかったらしく後半戦は始まってすぐに乾選手に交代していたのでトーナメントで出場できるのか心配です。 キーパーの川島選手はいい守備を見せてくれていたのでこれからもやってくれそうな気がします。 試合の最後のほうはポーランドも攻めない、日本も攻めないでただボール回しを繰り返し開場のブーイングがすごかった。 攻めた結果カウンターをくらい失点をすればセネガルに得失点差で負けトーナメント進出はなかったわけなのでしょうがないですね。 しかしアリショナルタイムの3分が非常に長く感じました。 今日の試合では負けてしまったけどトーナメントではまたいい試合を見せてくれると思います。 頑張れ日本! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る