NHKに受信料払うの嫌になる

NHKの番組はけっこう好きで大河ドラマや相撲、スポーツ中継など毎日のように見ています。しかしNHKの報道姿勢に関しては疑問を感じざるえません。
報道姿勢に関してネガティブな話をよく聞きNEWSを見ていてもたしかにそうだなと感じてしまう。
真偽のほどはよくわからないが内部告発があったといいます。内容は
・森友報道をトップで扱わないように圧力があった
・報道しても3分半以内にする
・昭恵夫人の映像は使うな
・前川元事務次官の講演報道と連続では伝えるな
そして最近では森友問題を追求していた社会部記者が左遷されたといいます。もうNHKは森友問題の真相究明はしないという意思表示なのだろうか。
まさに政権への忖度がすさまじい限りです。ここまで忖度するのかと驚いてしまいます。まさか政権から圧力でもあるのではないかと疑うくらい徹底していますね。
これではNHKは国民の知る権利には到底答えられないし権力の監視をすることもできません。いったい国民と権力者とどっちを向いて報道しているのかと思います。
メディアというのは権力の監視をするのが使命でありそれができないなら意味はありません。ただの権力の広報になりさがることになります。
権力者にとって都合が悪くても嫌われても徹底して追求するのがメディアの役割ではないのか。
政権への忖度ばかりの権力者の広報に受信料を払わなければいけないと思うと悔しいし情けない気持ちになります。
NHKを始めテレビは政治的中立の名のもとに忖度がいきすぎていると感じます。
新聞は朝日、毎日、東京新聞が頑張っているのでそういったところだけでもメディアの役割をまっとうしてほしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか