麻生大臣はこれでもまだ責任をとらないのか

ないとされてきた森友文書がなんと約4000ページも昨日国会に提出されました。
交渉記録が950ページ、決済文書が3000ページです。

交渉記録に関しては理財局職員の指示で破棄されていたが大阪地検が職員のパソコンデータを復元して明らかにしたといいます。
決済文書は総理が
「私や妻が関わっていたら総理も議員もやめる」と国会で発言した後に改ざんや破棄が行われ今回改ざん前の文書を財務省が国会に提出しました。

これは組織ぐるみの改ざん、破棄、隠蔽の可能性が非常に高いと思いますね。
経緯を見ると総理の国会答弁のつじつまをなんとか合わせようとして財務省が動いています。事実今回の文書から総理夫人付きの谷さんが財務省に対して問い合わせをするなど動いていたことも明らかになりました。

意図的に改ざん、破棄、隠蔽を官僚がするなど国民の知る権利に対しての冒涜でありけして許されることではありません。本当に日本の民主主義の危機であると感じます。
財務省が公文書の改ざんをしたときに本来は辞任するべきでしたが麻生大臣は今回の件をうけて即刻辞任するべきだと思いますね。安倍内閣の総辞職にもあたいするくらいの事案であり事は深刻だと思います。

そして野党にはぜひ財務省を業務妨害で訴えてほしいと思います。
1年もの間続けてきた国会論争はなんだったのか。文書を改ざん、破棄、隠蔽されたのでは正当な業務を遂行することができません。財務省は国会の業務を1年もの間妨害していたことになるのです。

今回の資料で全てだと信じたいが14年4月28日の資料が出ていないとの情報もあります。もしかしたらまだ隠しているものもあるのかもしれませんね。

野党は公文書の改ざん、破棄、隠蔽などさまざまな安倍政権の事案に対して本日18時に有楽町で街宣運動をするといいます。
今回の問題は政権対野党ではありません。
民主主義を守るのか壊すのかという問題です。国民はしっかりと国会を注視しなければいけないし絶対に曖昧にしてはいけない問題です。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか