日大理事長の対応がすべてを物語っているように見える

パチンコ屋から出てきた理事長の対応を見て日大の体質がすべて見えたような気がしました。自分の大学が今どのような立場にあるのかを考えたらこういう受け答えは普通できませんよね。なにか他人事のようなまったく責任を感じていないようなとても無責任な対応に見えました。
部の責任だとか自分はアメフトはわからないとかそういう問題ではないと思います。自分のところの学生が顔を出して実名で記者会見をした覚悟をどのように考えているのでしょうか。 そして傷害教唆ではないかと言われているのが大学ナンバー2の常務理事であり事はアメフト部だけの問題ではありません。理事長がこんな感覚ではそりゃ危機管理部も機能しないし監督の記者会見の司会者の対応もそうなるだろうなと感じます。 おそらく大学だけでは事件の真相解明はできないでしょう。被害者のお父さんが警察に被害届を出したのは正解だと思います。 この理事長は相撲をやっていたらしく相撲部の監督もしていたといいます。教え子には舞の海や琴光喜もいるとか。 なんか相撲のイメージまで悪くなってしまいますね。 日大の問題は組織のあり方とか危機管理とかスポーツとはなにかとかいろいろ考えさせます。 組織ってやっぱりトップに立つ人間がどういう人物なのかによって変わると思うんですよね。リーダーシップを発揮して組織を正しい方向に導いていけるのかどうか、そしてしっかりとしたガバナンスの組織を作れるのかどうか。頭がちゃんとしなければ手足は動かせません。 日大が自浄能力を発揮するのは難しいだろうなと理事長の姿を見て感じざるえない。
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!