まさにトカゲの尻尾切り 保身に走った指導者たちに良心はないのか

昨日行われた日大の元監督と元コーチの会見を見て唖然とするしかありませんでした。
選手が顔と名前を出して記者会見をしたその気持ちをこの人達はどう思っているのだろうか。
100歩譲って怪我をさせろとは言ったが本気ではなかったとかルール内でとの趣旨だったとかならまだしもまさかの全否定。
1プレー目から潰せとは言ったが鼓舞するという意味で他の発言はすべて否定するという記者会見でした。
試合後の監督の発言を見ると到底信じることはできないし日大選手の記者会見の姿勢を見ても嘘をついているようには見えなかった。
自分たちが今まで指導してきた選手があれだけの覚悟で記者会見をした姿勢を見てなにも感じないのか。本当に反省をしているのであれば言い訳はするべきではないし潔くすべてを明らかにするべきです。
このままでは実行した選手1人が罪にとわれてしまうかもしれません。彼は顔と名前を出して真摯にことの経緯を説明しました。彼の言葉通りならば監督とコーチは傷害事件を起こした共謀者であり傷害教唆にあたることは明白なわけです。選手1人に罪をなすりつける様はあまりにも汚く卑怯なものだ。
試合後に法律的にはよくないがあれくらいしないと勝てないと言っているわけで今になって否定されても選手がかわいそうです。
そして気になるのがもし選手一人が逮捕となり罪にとわれた場合日大として逮捕された選手の処分をどうするのか。日大には生徒を守る義務があると思います。絶対に退学にはしないでもらいたいしもしも退学になんてなったらあまりにも理不尽すぎる。
指示された選手一人が逮捕となり指示した側が罪にとわれない。そんなことにはならないように警察にはしっかりとした捜査をしてほしいです。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!