大相撲夏場所九日目 白鵬立ち合い手つき不十分でも立ち合い成立して勝利

大相撲夏場所九日目
正直言って横綱が立ち合い手つき不十分で一歩でも先に立とうとする相撲は見たくありませんでした。そしてなぜ審判や行司は手つき不十分でも立ち合いを成立させたのか。
あんな相撲はフェアじゃないし琴奨菊が気の毒です。
しかもその前呼吸を合わせずに待ったをしていることから意図的にやったようにすら見えました。立ち合いというのはお互いに呼吸を合わせて立つものです。横綱なのに姑息な作戦を立ててどんな手を使っても勝ってやろうというのはなんか違う気がしますね。
むしろ今日勝って9連勝とした栃ノ心のほうがどうどうとした相撲でした。立ち合い突っ張ったあとすかさず上手を取りがっちりと捕まえて釣りながらの寄りきり。豪快に勝ちました。
勝つにしても負けるにしても正々堂々と力を出しきった相撲がみたい。今後横綱どうしの取り組みや栃ノ心と横綱の取り組みがあります。今日みたいに立ち合い手つき不十分で立つとかエルボーみたいなカチ上げをするとかなにかするんじゃないかと心配になりますね。
横綱らしいどっしりと構えた正々堂々とした相撲をとってもらいたいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る