日大選手が記者会見 怪我をさせろという意味以外には考えられなかった

日大アメフト部の悪質タックルをした選手が記者会見を行いました。
記者会見をした理由については

・反則指示があったことを明らかにしたい
・被害者に顔を出して謝罪をしたい

という強い意志があったみたいですね。

僕がこの記者会見を見て印象に残った言葉がいくつかあります。

「相手のQBが怪我をして秋の試合に出られなくなれば得だろ」
「1プレー目でつぶせ」「相手のQBを潰せ」
「やらなければ試合に出さない」
「やらなきゃ意味がないよね」
「出来ませんじゃすまないぞ」

こういった監督、コーチからの言葉に対して日大アメフト選手は
「怪我をさせろという意味以外には考えられなかった」としています。

この選手じゃなくても誰が聞いても怪我をさせてこいととらえますね。
実際に秋の試合にQBが出られなくなれば得だと話しているわけだし。
20歳の学生が顔も名前も出して記者会見をするというのは相当な覚悟だったと思います。
それだけ日大側の対応に対しても不満があるのでしょうね。しかし記者会見では一切日大や監督に対しての批判はなかった。弁護士に止められているのかそれとも自分の意志なのかわからないけど徹底して貫いているのも印象的でした。

けどこの選手をここまで追い込んだのは日大や監督です。試合後に関学大と被害者側に誠意をもって謝罪をしていればここまでこの選手が追い込まれることはなかったし監督が潔く怪我をさせてこいと指示を出したことを認めるべきでした。それが出来なかったのだから日大側の危機管理能力の低さといえると思います。

この記者会見を見てもう1つ思ったのはいまだにスポーツの世界には当たり前にパワハラがあるんだなということですね。
今回のやらなければ試合に出さないと言った指示も完全なパワハラです。もちろん傷害教唆にもなるんでしょうけどパワハラ体質が根底にあるのは間違いないですね。
おそらくはスポーツ推薦で入学している選手が大学内の絶対的権力者の監督に歯向かうなんてなかなかできません。この選手にとってアメフト部内で干されるということは将来が閉ざされてしまうということです。
かなり追い詰められていたのは間違いないでしょうね。

15日に日大側から関学大側に文書で「監督の指示と選手の受け止めに乖離があった」との報告があったらしいけど選手をトカゲの尻尾にしてはいけないと思います。
警察沙汰にはなってしまったけど日大としても自浄作用を発揮してほしいと思いますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

安田さんの会見を見た感想