国会審議があまりにひどい

愛媛県が国会に提出した新たな文書、そして意図的に破棄されていた森友文書について国会での審議が始まったのだけど相変わらず政府の審議に対する姿勢は不誠実そのものに見えました。

立憲民主党の福山議員が加計問題について追求していました。
事の経緯を説明する福山議員。総理の側近たちが発言したという文書が証拠として残っているわけですよね。福山議員の言うとおり証拠に対してただ言ってない、関わってないと言って否定するというのは明らかにおかしい。じゃあ、なんで文書が存在しているんですかと思います。 しかも事実を示した事に対してそれは「作られたストーリー」とは唖然とするしかありません。 国会というのは審議をする場であって片方が審議をしようとしても片方がはぐらかし逃げてしらを切っていたら審議になりませんよね。僕は安倍政権になって国会が機能不全になっているのではないかと感じます。これは野党の責任ではありません。政府、与党側の傲慢、おごり、そういった姿勢にあります。 その原因はどんな不誠実な対応をしようと絶対多数を持っている余裕でしょう。野党側が少数すぎるのが原因でありもっと言えば与党に力を持たせすぎる国民、野党を弱体化させすぎた国民に原因があると思います。 そして今回加計学園がかってに総理の名を語り愛媛県や今治市に嘘をついた問題。 小池議員の言うとおり総理は怒らなきゃいけないのになぜ平然としているのか理解に苦しみます。籠池氏については詐欺を働く人間とまで言っているわけですよね。明らかにおかしいです。 加計学園側を国会に呼んで話を聞く必要があるし紙切れ一枚で謝罪をすればいいというものではありません。 中村知事も「愛媛県、今治市に対して謝罪、説明をして責任者は記者会見を行うという手順をしなければおかしい」と話しています。 以前前川さんが行政が歪められていると話していたけど本当に歪みまくっていますね。けっきょく加計学園にしても森友学園にしても総理のお友だちなわけでお友達優遇が根底にあると見えます。 森友問題では総理夫人付きの谷さんがわざわざ夫人のためではなく森友学園のために動いているのです。しかし総理は問い合わせただけと言って国会で同じ答弁を繰り返す。 谷さんが動くというのは夫人が動いているのと一緒ですよ。そしてそのことが8億値引きに大きく関係していたのではないかと見るのが普通です。 安倍総理のしなきゃいけないことは言い訳やはぐらかしではなくて出てきている真実をしっかりと受け止めて謝罪することではないのかな。夫人の行動に問題があったのなら夫として謝罪するのと二度とこのようなことは起きないように気をつけますと潔く頭を下げることでしょう。加計学園問題についても友達だからと甘くするのではなくて国会に呼んで参考人でも証人喚問でもいいから話を聞くべきです。いくらなんでもファックス一枚で済む話ではない。 会ってたなら会ってたと認めるべきだし会ってなくて加計学園が嘘をついていたならそれはそれで大問題なのです。 総理は森友学園問題、加計学園問題について丁寧に説明すると以前に言っていました。ならば野党の要望に答えて関係者すべてを国会に呼んですべてを明らかにするべきではないだろうか。
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!