枝野、小沢のタッグで打倒安倍政権!

1党多弱が続く中で野党が巻き返しをはかるにはどうすればいいのか。
現在の野党第1党の立憲枝野代表、そして自民党を2度下野させた小沢一郎さんが緊密に連携をとりシナリオを描いているといいます。

まずは今回国民民主党に参加しなかったメンバーで一つのかたまりを作り立憲民主党に近づける。そして国民民主党とも連携を強化し野党勢力を結集する。
おそらく選挙になれば共産党とも選挙協力をするだろうとしています。

民主党時代反小沢の急先鋒だった枝野さんと小沢さんがタッグを組み連携するのは嬉しいですね。
来年の参院選挙が非常に楽しみです。

小沢さんといえば細川連立政権、民主党政権を作った立役者です。2度あることは3度あるというし小沢さんに期待するしかありません。野党はバラバラでは絶対に自民党に勝てない。
自民党と公明党は選挙協力が盤石だし関西では公明党と維新が住み分けをしています。

前回衆院選の野党は野党どうしで潰しあいをしてしまった。これでは安倍政権の支持率がいくら下がっても民意を反映することはできません。
小選挙区の理想はどれだけ1対1の構図に持ち込めるか。そうしなければ政権交代はなかなか起きないのです。

まずは来年の参院選挙で勝ち再び国会をねじれさせる。

そして野党の力を取り戻し衆院選挙でも勝って立憲民主党、国民民主党、社民、自由で連立政権を作ってほしい。さすがに共産党とは連立はしないだろうし枝野代表も共産党とは連立はないと明言しています。

野党は連携できなければ終わりです。バラバラでは二度と政権交代も起きないでしょう。
枝野さん、小沢さんの頑張りに期待をしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと