大相撲夏場所八日目 栃ノ心が逸ノ城を破り無傷の8連勝

大相撲夏場所八日目
ここまで唯一勝ちっぱなしの7連勝できた栃ノ心が今日は同じ関脇の逸ノ城との相撲となりました。
逸ノ城とは十両時代から何度も熱戦を繰り広げてきた相手なだけに今日も一番楽しみにしていた取り組みです。
立ち合い最初に上手を取ったのは逸ノ城でした。左上手を取り寄ってきたときたはさすがの栃ノ心でも危ないと思いましたね。しかし栃ノ心もすかさず左上手を取って残します。
そこからの攻めの早さが両者の実力差かなと感じました。栃ノ心は左を巻き変えてもろ差しになりまわしを引き付けて一気に寄っていきます。重い逸ノ城をそのまま寄りきれるんだから栃ノ心の引き付けの強さは相当なものですね。
これで8連勝。白鵬、鶴竜との取り組みが楽しみです。
この取り組み後に豪栄道がなんと大栄翔に破れて5敗目。大関が見るも無惨な負けかたをしますね。今場所は負け越しそうです。
白鵬、鶴竜の両横綱は1敗を無難に守りました。
残り7日、後半戦もいい相撲を見せてもらいたいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?