下村元文部科学大臣がセクハラ被害者を犯罪者扱い

これはあまりにもひどい発言です。
こういう発言をする人が文部科学大臣を勤めていたと思うと愕然とする。

この発言の音声を共産党は今日公開していて下村氏は発言を撤回して謝罪しました。

セクハラ被害の記者はもともとセクハラ被害を上司に相談していて福田事務次官を陥れるのが目的ではありません。週刊誌に訴えざるえなかったのはある意味ではやむおえない行為でありそこまで追い詰められていたと言えます。
にも関わらずまわりからこのように言われてしまったら被害者はどうすればよかったというのでしょうか。

ハニートラップだ犯罪者だと被害者に対する誹謗中傷、セカンドレイプは大変深刻です。被害者がセクハラを訴えたら被害者を守るのが社会の役割であり被害者を責めては絶対にいけない。そうしなければ被害者が声をあげることができないからです。

自民党議員の問題発言は他にもありTwitter上で長尾議員がMe Too運動をしている野党議員に対して「セクハラとは縁遠い方々です。私は皆さんにセクハラはしません」とつぶやいた。その後Twitterは炎上して長尾議員はツイートを削除して謝罪しています。

正直国会議員や官僚の人たちがこういう認識では日本からセクハラがなくなることはないだろうなと感じます。

アメリカ国務省からは日本ではセクハラが横行していると受け止められているらしい。世界から日本は人権をしっかり守る国と認められるにはまだまだ時間がかかりそうな気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか