枝野さんの憲法9条私案を見る

本来であればどの政権であろうと憲法をしっかりと守ることが大前提のはずです。憲法とは権力者を縛るものであり権力者が自分の都合で解釈変更をするなどもってのほかだ。
しかし残念ながら安倍政権で解釈は変更されてしまい集団的自衛権を認め安保法案を作られてしまいました。

そして今の国会は憲法改正を賛成する勢力が多数を取り憲法改正が現実味をおびています。
自民党、維新の会は賛成の議員が多数を占めているだろうし希望の党も改正賛成派はかなり多くいると見られます。公明党は慎重だが共謀罪、安保法案の対応を見れば賛成にまわる可能性が高い。

立憲民主党、共産党、社民党がいくら反対しても多数で押しきられてしまうのは必定で枝野さんが対案を出したのは立派だと思います。
改正するならばより良いものにしなければいけない。

番組の中で枝野さんは9条の2項の部分を強調していたかと思います。

・我が国の安全を守るために行動している他国の部隊に対して武力攻撃がなされてこれを排除するために他に適当な手段がなく、かつ我が国の平和と国民の安全に重大で明白な影響を及ぼす場合に自衛権の行使ができる

日本を守る他国の部隊とはアメリカ軍ですね。日本国内のアメリカ軍と限定していることにより地球の裏側まで行ってアメリカ軍と一緒に自衛隊が武力行使をするということはなくなります。
日本国内のアメリカ軍が攻撃をされれば当然ながらこれは個別的自衛権の範囲になり専守防衛の観点からも矛盾はなくなりますね。

この枝野さんの私案は現在の憲法以上に専守防衛の精神を明白にして解釈変更の余地をなくしています。さすがだと思います。

北朝鮮有事の危機が心配されるなかでも9条の精神を守る。そして現実的にどのような対応ができるかを明白にしています。

憲法改正をするならば全会一致でなければいけないといった報道に対して枝野さんはTwitterで反論しています。
「全会一致になるくらいの努力をするべき」
ということであり全会一致が現実的には難しいことはわかっているということです。

解釈変更の余地をなくすような憲法改正であれば賛成できる人はけっこういるのではないかと思いますね。

ただ反対するだけではなくてより良いものを作るために対案を出して国民に訴える。立憲民主党が躍進して本当によかったと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと