いったい何が本当なのか、貴乃花親方は法的手段に出る可能性も

九州場所のまっただ中に現役横綱の日馬富士が事情聴取を受けるという異常事態。日馬富士は暴行は認めたもののビール瓶は使っていないとビール瓶で頭を殴ったことを否定しました。
貴乃岩のお兄さんや当初出ていた証言とは食い違いますね。ビール瓶の件に関しては白鵬も否定しているしなにが本当なのかわからない状況になっています。
しかし貴乃岩の怪我の診断書には全治2週間と書いてあり骨折も髄液漏れもあくまで疑惑。髄液漏れはまずないだろうという話です。そして骨折も以前できたものか今回の暴行の影響かわからないといいます。
全治2週間というのは10月26日から11月8日までであり11月9日には退院。退院理由は相撲を取ることも含めて影響はなしということらしいです。
11月13日に九州場所の初日だったのだけどおかしいですね。相撲に影響なしとの診断で退院したのになぜ休場したのでしょうか。
考えたくはないけど貴乃花親方、伊勢ヶ浜親方、相撲協会とあまり仲はよくないらしいしそこらへんの駆け引きにまさか今回の一件を利用されてはいないかと勘ぐってしまいます。
貴乃花親方は相撲協会と話しても堂々巡りだとして第3者を立てるといいます。法的手段に出ると見られ傷害事件を有罪にして民事にも持ち込むとの話もあります。
いったい何が正しいのかまったくわからない状況になっています。
しかしわかっているのは貴乃花親方は本気で相撲協会、伊勢ヶ浜部屋と闘う姿勢を見せていますね。
貴乃花親方が闘う姿勢を見せている以上今回の件は長引きそうな気がします。
日馬富士は両肘、両足首に怪我を抱えながらも土俵に上がり続ける自分に厳しい横綱です。だから礼儀のなっていない後輩を許すことができなかったのでしょう。
しかし今回の一件を時津風部屋の事件と一緒にはしてほしくはありません。あれはシラフの状態で兄弟子3人に親方まで加わり4人でまだ10代の若い弟子をリンチした残虐な事件です。
今回の件は酒に酔って暴力はふるってしまったけど怪我も軽く日馬富士も反省をしています。日馬富士という横綱は理由もなく暴力をふるうような力士と思いたくないしとてもそうは見えません。
モンゴルの警察官、弁護士の資格を持っていて見識も高く日本で無駄に事件を起こして将来をぼうにふるうようにも見えない。
なにが真実なのか早くあきらかになりいい形で事がおさまればいいなと思います。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

安田さんの会見を見た感想