今日から特別国会、今後モリカケ問題はどうなるのか

今日から特別国会が始まるがモリカケ問題はしっかりと追求されるのだろうか。今年1年間ずっとこの問題を野党は追求してきたしもうそろそろいいよという声もあると思います。しかし本当によくわからないまま終わりにしていいのだろうか。
今までも疑惑が疑惑のままなんの責任もなく終わった問題は数多くあります。
ドリルでパソコンデータを壊したり睡眠障害と言って説明責任をはたさなかったりと逃げ延びている議員がいます。国会議員とは国民の代表です。説明責任は一般国民よりもはるかに大きいはずです。

森友学園の問題と加計学園の問題。加計学園のほうは10日にも設置認可がおりるようです。僕が気になるのは森友学園の問題ですね。もちろん加計問題もあやふやなまま終わらせてはいけないけど森友問題の8億値引きに関しては新たな証拠がだいぶ前に発覚しています。
籠池氏と近畿財務局で値引き交渉の音声データに
「国有地0なるよう努力」とあったらしく国会で答弁した佐川氏と食い違いますね。国会答弁とは嘘をついてもいいのでしょうか。パソコンデータの復元はできないとされていたけど復元できる可能性もあるらしく今後も新たな証拠がでてくる可能性もあります。
証人喚問は嘘をついたら偽証罪になりますね。しかし証人喚問じゃなくても国会答弁とは公の答弁なのだから責任は重いと思います。やはりまだまだ追求しなければいけないのではないでしょうか。

民進党衆議院は分裂して立憲民主党、希望の党、無所属に別れているけど今後どのように連携していくのか。
モリカケを追求していた議員で落選した議員もいますし今後どうなるか気になります。10日にも希望の党は代表代行が決まるらしく誰が代表代行になるかで野党共闘にも影響がでそうですね。

籠池夫妻を逮捕してそれで幕引きにするのは納得いきません。本丸の8億値引きをそのままにしていいはずがない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

安田さんの会見を見た感想