貴乃花親方はいったいどこへ向かうのか

日馬富士が貴ノ岩への暴行問題を起こした件に関して相撲協会への報告を怠ったとして冬巡業へ貴乃花親方を同席させないことを相撲協会は決定しました。

今回の件は正直貴乃花親方が事を大きくしている感を否めないですね。
行動が不可解です。

暴行事件が起きたのが10月26日。同日の巡業へは貴ノ岩は出ているし稽古もしていて玉ノ井親方は頭部や顔の傷はなかったっと言っているらしい。
10月29日被害届は出されます。

11月2日に警察から相撲協会へ連絡が入り11月3日に鏡山危機管理部長が貴乃花親方に聞き取りをします。しかし貴乃花親方は「よくわからない」と答える。
11月9日に貴ノ岩は退院。11月13日九州場所初日。

そして今貴乃花親方は第3者をたてて法的手段に出る構えを見せています。

診断書を作った医師は骨折は疑いにすぎず髄液漏れもまずなく入院はしたが退院するときは相撲を取ることも含めて問題ないとしています。
しかし貴乃花親方は貴ノ岩に関して相撲を取れる状態ではないから休場させたと言っていましたね。
 
貴乃花親方はこの問題をどう決着させようとしているのか。
貴ノ岩本人はビール瓶で殴られたと言っているのかいないのか。

この問題の主役は日馬富士でも貴ノ岩でもなく貴乃花親方であるように感じてきます。貴乃花親方の口からなんらかの説明がされる日はくるのだろうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?