過剰すぎる日馬富士暴行報道、騒ぎすぎではないだろうか

まるで蜂の巣をつついたような横綱日馬富士の暴行報道。
毎日のように各メディアが大々的に伝えています。しかしちょっと過剰すぎるのではないだろうか。伝えるにしても長々と時間をとって伝えるような案件なのか疑問に感じてしまいます。
要は酔っぱらった上司が部下に絡んでちょっとやり過ぎたくらいの話で二人の間ではそこまで大事にはなってない話ですよね。骨折とかいろいろ話が出てるけどあくまでも疑惑にすぎず診察した医師が大事になりすぎて驚いているらしい。
たとえ骨折だとしてもいつ骨折したかまでは特定できず相撲をとっているときにちょっとヒビが入った可能性もあるといいます。毎日ぶつかり稽古をしている力士です。力士はみんな怪我だらけですよ。

今までも芸能人、スポーツ選手など過剰になにかあると報道しすぎる気がします。

他に報道しなきゃいけないことはたくさんあると思います。
ずっと日馬富士を追い回しているみたいだけどあきらかにやりすぎ。
それだけ追いかける気力があるなら加計問題や森友問題などもっと国民が知りたい問題を追いかけるべきではないだろうか。

たしかに暴行をふるったことを日馬富士は認めているし横綱としてやってはいけないことでしょう。なにがあったか相撲協会をはじめ当事者にはちゃんと説明してほしい。
しかしそれは場所が終わってからでもいいのではないだろうか。今は九州場所の真っ最中です。そこらへんをもっと察してあげてもいいと思う。

日馬富士に品格を求めるならまずは日本人の品格も考えなければいけないのではないだろうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

安田さんの会見を見た感想