前川氏「ネトウヨは教育の失敗」

温厚な前川氏にここまで言わせるネトウヨってある意味すごいなと思いますね。
「ネトウヨと言われる人たちは自己肯定感が低く個の確率ができていないのでしょう。学び直す機会が必要だと思います」
前川氏は加計学園問題で安倍政権に対して行政がねじ曲げられたと内部告発して反旗をひるがえした人です。文部科学省の事務次官だった人の発言だけに影響力は大きく安倍政権の支持率低下の大きな要因となった。
それだけに安倍信者のネトウヨにとっては前川氏を敵と見なしただろうしネットではネトウヨから相当な攻撃を受けたのは容易に想像がつきます。
僕みたいな素人でもネットで憲法改正反対や安倍政権の批判などの政治的発言をすればかなりネトウヨから攻撃を受けました。
ネトウヨにはサブ垢を使っている人が多く中にはお金をもらっているアルバイトもいるといいます。
不思議なのはなぜ自分が攻撃を受けているわけでもないのに相手を攻撃できるのか。保守だろうとリベラルだろうと安倍政権支持だろうと不支持だろうと個人の自由です。
攻撃を受けるいわれはないしこちらとしてはネトウヨと争おうとも思っていない。にも関わらず絡んで攻撃をしてきます。
社会がみんな同じ思想を持ちみんな同じ方向へ向かうならそれは言論統一になり一党独裁になる。日本を中国のような自由のない国にしたいのだろうか。
前川さんの言う「自己肯定感が低く個の確率ができていないのでしょう。」
というのはなんとなくわかります。自ら考えることをせずに安倍総理を信じてついていけばそれで間違いはないといった感じをネトウヨからは受けてしまいますね。
反安倍政権をなぜか反日と決めつけて左翼と呼ぶ。ネトウヨにとっては日本=安倍政権なのでしょうか。
日本とは一内閣をさすのではなく日本全体を差します。
そして政権を否定したからといって反日にはならない。批判できなくなったら健全な社会とは言えないでしょう。批判する声を抑えつけようとするならばそれは言論を抑制することになり社会の萎縮へと繋がっていく。
多様な意見、ものの見方、考え方があるのは当たり前のことです。ないほうがおかしい。
だから日本は議会制民主主義国でありいろいろな政党がある。
多様な意見があって当たり前だということに尽きるしそれを否定してはいけない。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る