政党支持率、内閣支持率を見る

一週間前に政党支持率や内閣支持率が出ています。
内閣支持率は支持が回復して不支持が下がっている。
JNN支持53%  不支持45.8%
FNN支持47.7% 不支持42.4%
ANN支持44.2% 不支持41.5%
どの調査でも支持が不支持を上回っていますね。トランプ大統領やイバンカ補佐官の来日など派手な外交が続けば支持は上がって当然です。
しかし一方で安倍総裁の再選を望んでいるかどうかといった調査は再選を望まないという調査結果が出ています。
再選を望む36%、望まないが54%。
つまり安倍総理個人の支持率は低いのではないかな。
アメリカや諸外国のように日本でも安倍総理個人の支持率調査をすると面白いと思いますね。
政党支持率は自民党が高く野党では立憲民主党が支持率を伸ばしています。
先日行われた名古屋市議東区補選でも立憲民主党の国政氏が当選していてこれから先、民進党地方議員は続々と立憲民主党に移っていくと見られます。
希望の党は玉木代表になっても支持率は伸び悩み立憲民主党に大きく差をつけられていますね。
内閣支持率は国会を開かなければ自然と上がるもの。今日から国会審議が始まるのでこれからどうなるかが注目です。
立憲民主党など野党がどれだけ存在感を示すことができるか。
加計、森友のほか国会質問時間の問題や消費税の使い道、幼児教育無償化、北朝鮮問題など課題は山積しています。にも関わらず自民党はなぜか国会審議の時間をあまりとろうとしない。
短い審議時間を有効に使って今日から野党には頑張ってほしいと思います。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?