大相撲九州場所初日 稀勢の里、日馬富士に土

大相撲九州場所が今日から始まりました。先場所に続き鶴竜、宇良が休場です。

横綱が4人いるけど揃ったことがありませんね。鶴竜は今年ほとんど見ていません。6場所のうち5場所で休場ということになります。今場所も進退をかける場所だったらしいけど来場所は本当に進退をかける場所になるでしょう。

今場所の見所は関脇に下がった照ノ富士が10勝できるかどうか、阿武咲がどのくらい勝てるかといったところかな。大関に一番近いのは阿武咲だと思います。白鵬、稀勢の里とも今場所は取組があるし楽しみです。

初日の取組はけっこう荒れました。大関復帰を目指す照ノ富士は今場所も苦しそうです。北勝富士に力なく押し出されて黒星スタートになりました。
休場明けの稀勢の里は玉鷲との取組。立ち合い3回待ったのあとやっと立ったのだけど左もさせず捕まえることもできずに押し出されました。
日馬富士は先場所負けている阿武咲との取組。あたったあとすぐに阿武咲が体を開いたところに落ちてしまいました。

稀勢の里は怪我の影響も心配だけど相撲感も戻っていないかもしれないし稽古がしっかりとできていたかどうかも心配です。日馬富士はちょっと阿武咲を苦手にしているかもしれないなと感じます。軽量だから見て突いてくる力士は取りにくそうです。

明日は稀勢の里と阿武咲との取組。稀勢の里は明日も苦しい土俵になりそうですね。

まだ初日だけど今場所は白鵬が引っ張っていくような気がします。
琴奨菊のあたりをがっしりと受け止めて左上手投げは見事でした。

今場所も休場力士が出てしまったのは残念だけどいい相撲を明日からもたくさん見せてもらいたいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか