僕が憲法9条改正に反対をする2つの理由

憲法9条を改正するのかしないのか。現在日本は大きな岐路にたっているのかもしれません。

改正派、反対派ともに半数くらいの割合になっていて大きく割れています。
改正派はよく憲法9条では国は守れない。憲法はアメリカに押しつけられたものだなどと言います。
だから改正する必要があるというのは僕は理由になっていないと思う。
安倍総理は昨日憲法9条に自衛隊を明記しても自衛隊の役割は変わらないと言いました。自衛隊が合憲か違憲かの論議があるからそれを終わらせるために自衛隊を明記すると言います。つまり安倍総理の中では憲法9条があるから国を守れないというのは改正する理由にはなっていないのです。
自衛隊を違憲だなどと言っている日本人などまずいないし変える必要などないでしょう。教科書の内容が問題なら莫大な税金をかけて国民投票などしないで別な方法を考えるべきです。

そしてよく言われるアメリカから押しつけられたから変えなきゃいけないという理屈。
憲法9条はアメリカから押しつけられたものではない。証拠となる音声データも見つかっています。
当時の首相幣原総理が日本は2度と戦争をしてはいけないということでマッカーサーに提言して憲法に加えられたのです。戦争に負け焼け野原になりそして2度と戦争をしてはいけないという先人たちの思いが憲法9条にはつまっている。
9条改正というのは大変な犠牲の上に成り立ってできた現在の日本の形を変えてしまうということです。

そしてその憲法9条を軽視して作られたのが安保法案だ。
なにをどう言おうと集団的自衛権というのは専守防衛にはなりません。
歴代内閣はだからずっと憲法上認められないという姿勢をとってきた。
それを一内閣の解釈変更により集団的自衛権を認めてしまったのです。普通はこのような重要な決定は選挙で信を問うてから決めるもの。この間の選挙は大義なき解散だったが解散しなきゃいけないタイミングでは解散をしない。姑息だと思います。

そして強行採決で安保法案は作られてしまいました。

枝野さんの言葉を借りれば今憲法9条を改正すれば安保法案を追認することになる。改正論議をする前に憲法を守れ!

憲法を守らない人には憲法を変える権利はない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと