日本シリーズ第6戦で決着がつく。

ソフトバンク3勝DeNA2勝で迎えた日本シリーズ第6戦。

先発はソフトバンクが東浜、DeNAが今永。予選どおりのしまった好ゲームとなりました。
白崎のホームラン、ロペスのタイムリーでゲームはDeNAが2点リードで進んでいきました。

しかし好投を続けていた今永が8回先頭打者の長谷川に2塁打を打たれる。ここで今永を下ろし井納に代えます。
井納はワンポイントで明石を打ち取り砂田に代えます。

長谷川は3塁まで進んでいてワンアウト3塁。
打者は柳田。ピッチャーゴロに打ち取ったかに見えたがホームには投げずにファーストに砂田は投げます。この間に長谷川が返り2-3。1点差に詰め寄られます。
結果論だけどここの判断が分岐点でしたね。9回に山崎が内川にホームランを打たれたけどあれは責められない。ソフトバンクのサファテが完璧な投球をしているだけに抑えの差も感じるけど打った内川が凄かった。
しかし山崎と濱口を天秤にかけた場合どちらがソフトバンクが嫌がるかなと考えると9回濱口という選択肢もありかなと思いました。負ければ終わりの大舞台。形にこだわりすぎた感じもします。山崎はたしかに4戦目、5戦目で抑えてはいたけどランナーを出す苦しいピッチングでした。完璧な投球をしているサファテとは正直安定感がまるで違う。ノーノーを続けていた濱口のほうが抑える確率は高かったでしょう。

同点に追い付かれた後に10回表すぐに梶谷がでてチャンスを作ったのにノーアウト二塁で3、4、5番で0点。これも痛かった。なりふり構わず点を取りにいってほしかったです。ホームランを打った内川、抑えこまれた筒香。4番が明暗を分けた試合でもありました。

9回1アウトまで勝っていただけに悔しい負けです。しかし4戦目、5戦目とよく頑張ってソフトバンクに連勝しました。ラミレス監督の言うようにDeNAはまだ成長過程にあるチームだと思います。来年またいいゲームを見せてくれることを期待したいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか