大相撲九州場所八日目 稀勢の里なすすべなく4敗目

大相撲九州場所八日目
横綱稀勢の里は逸ノ城相手になにもできず4敗目となってしまいました。立ち合いあたったあと逸ノ城に左右と二本さされてあとは下がるしかなかった。
中日で横綱が4敗目。この相撲だと正直勝ち越しも難しく見えてしまいます。本当に千秋楽までもたないかもしれません。
対して白鵬は相変わらず万全です。昨日稀勢の里を破った北勝富士相手になにもさせませんでした。
すぐに捕まえてあとは危なげなく寄りきり。白鵬は完全復活ですね。
大関では豪栄道は連敗を脱出したものの高安がちょっと不安です。
門番大関なので今場所負け越すと関脇に転落となる。早めに勝ち越したいところです。
今日はベテランの嘉風に動き回られて引き落とされ3敗目。後半戦での巻き返しを期待します。
前半戦を見るとやはり白鵬の強さが目立ちました。1敗、2敗の力士が何人白鵬についていけるかが後半戦の見所になります。そして誰が全勝の白鵬に土をつけるか。明日からの後半戦も楽しみです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!