大相撲九州場所七日目 稀勢の里3敗

大相撲九州場所七日目
横綱稀勢の里は前半でなんと3敗目。優勝どころか千秋楽まで取れるか心配になってきます。
相手は北勝富士。下から下から粘り強く攻められます。そして稀勢の里の左を徹底して封じました。稀勢の里は左をさせず粘り強く下から攻めてくる北勝富士に最後は中に入られてしまいます。この負けかたは痛いですね。力負けした感じを受けます。解説の舞の海さんは稀勢の里の左に力強さをまだ感じられないと言っていました。
左腕を怪我してだいぶ時間がたちます。もしかしたらもう万全の状態には戻らないのかもしれません。
素人ながらに思うのはもう四つ相撲にはこだわらずに押し相撲に徹するとか相撲を変えてもいいのではないかなと感じます。
白鵬を追いかける豪栄道も負けてしまいました。まるで昨日の負けたかたを見るような同じ負けたかです。
力強く突いてくる力士に弱いですね。連敗です。
優勝争いには関係ないけど今日注目したのは琴奨菊と嘉風の取り組み。
嘉風は琴奨菊を苦手にしていて大きく対戦成績で負けています。
今日も途中までは劣勢でしたが最後の最後で右が入り形成逆転。逆転勝ちをしました。
34歳とは思えない若々しい相撲を取ります。そしてベテランながら大関を狙うとはっきり明言するところがいい。なかなか目標をはっきり語らない力士が多いなか嘉風のような力士は気持ちがいいです。
今日は中継の中でいろいろアンケートやクイズをやっていた中に誰に大関になってほしいですかというのがありました。結果は御嶽海が圧倒的に多かったけど嘉風にも頑張ってもらいたいです。
今場所はおそらく白鵬の独走になるでしょう。しかし嘉風や安美錦、豪風といったベテラン力士の頑張りに注目して見ていくのも面白いです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る