大相撲九州場所13日目 白鵬薄氷の勝利を掴み1敗キープ

大相撲九州場所13日目

2敗の隠岐の海、北勝富士がともに勝ち1敗の白鵬も勝ったため優勝争いは完全にこの3人に絞られた。

隠岐の海、北勝富士は無難に勝利したが白鵬は負けてもおかしくない危ない相撲をものにしました。
相手は宝富士。対戦成績は大きく白鵬が勝ち越しているが直近の4番は勝ったり負けたりの相手。白鵬にとってけしてやりやすい相手ではありませんでした。
立ち合いは白鵬が当たり勝ち一気に宝富士を土俵際まで押し込むが宝富士がすぐに押し返す。そしてすかさず出し投げで白鵬の体制を崩して押し出そうとしたところをいなされて落ちてしまいました。
かなり惜しかった。残念です。

白鵬は本当に反射神経がいいです。不利な体制になってもすぐに立て直す早さがある。これがあるから歴代最多の優勝回数があるんですね。

明日あさってと残り2日。明日八角部屋の二人が負けて白鵬が勝つと明日にでも白鵬の優勝が決まってしまいます。
なんとか八角部屋の二人には明日頑張ってもらいたい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと

内閣支持率と政党支持率を見る