大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

大相撲九州場所11日目
全勝の白鵬が嘉風に破れた。立ち合いすぐに嘉風はもろだしになり一気に攻める。白鵬はどうにもできずに寄りきられた。
勝負は一瞬でついたのだけどその後白鵬が土俵下からなかなか上がらない。土俵上では嘉風が待っていて館内は異様な空気に包まれました。
ようやく親方にうながされて土俵に上がったかと思ったが両手を腰にあてて仁王立ち。頭は下げませんでした。
けっきょく嘉風は勝ちなおりを受けて下がったが横綱のこういった態度には失望しました。
相撲、柔道、剣道などの日本の武道というのは礼に始まり礼に終わるのが基本。それが日本の精神を現しているのです。
勝負はついていて土俵下の親方から物言いもない。にも関わらず土俵下で異を唱えて頭を下げないというのは見苦しいとしか言いようがない。
立ち合いが合わないとか言っているらしいが嘉風は立ち合い両手をついて待っていたのです。白鵬がついて立ち合いが成立したのだから嘉風にはなんの落ち度もない。
行事がのこったといったら成立しているのです。
日馬富士の暴行問題、稀勢の里、鶴竜の連続休場。そして今日の白鵬の態度。
なにか相撲会全体が人気の上にあぐらをかいている気がします。
もう一度相撲会全体で気を引き締め直していい相撲を見せてほしい。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

民主党政権は本当に失敗だったのか?

立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!