前原代表、民進党両院議員総会で辞任表明

民進党の前原代表は両院議員総会で謝罪をした後辞任を表明しました。

・全員が希望の党に合流することができなかったこと
・合流できなかった議員が新党を立ち上げ闘うことになり苦しい闘いをさせてしまったこと
・自民党と1対1の構図に持ち込めず安倍政権の支持率が低いにも関わらず3分の2を自公に与えてしまったこと

これらを謝罪し辞任を表明しました。

民進党は全開一致で希望に合流すると決まっていました。しかしなぜか希望側から選別され踏み絵といわれる誓約書まででてきた。前原代表は謝罪だけではなくどうして全員が合流できなくなったのか説明をする説明がありますね。

前原代表は人柄はいいと聞くがあまりにも詰めが甘い。
堀江メールは10年も前のことだけど変わっていませんね。

民進党は次の代表が誰になるのか。これからの方向性をどうするのか。
まだまだもめるかもしれません。

希望の党も今日両院議員総会をやるらしく代表を選ぶといいます。玉木氏になるとか大島氏だとか情報がさくそうしています。
希望は役員も全然決まっていないし政策もないしめちゃくちゃです。

立憲民主党は絶対にこれらのごたごたに巻き込まれないほうがいい。一緒だと見られたら枝野さんの言うとおり一気に期待はしぼんでしまうだろう。
立憲民主党は役員もすべて決まりガバナンスはしっかりとしています。
山尾さんも近く入党して党の憲法調査会事務局長になる見通しらしい。

前原さんはたしかに民進党を壊したがそのおかげで立憲民主党が誕生した。
自公が3分の2をとってしまったのは残念だけど今回の立憲民主党の躍進を次に繋がると信じて前向きにとらえたい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか