立憲民主党両院懇談会、辻元国対委員長!

立憲民主党の初の両院懇談会、みんな笑顔でした(^^)
本当によかったなと思います。
世論調査によると支持率もぐんぐんと上がり
自民党39%
立憲民主党17%
公明党4%
希望の党3%
共産党3%
維新2%
社民党1%
となっています。
立憲民主党に期待するとする人も49%でしない人の41%を上回っています。
両院懇談会の中で枝野代表は
「永田町の数合わせにコミットしていると誤解されれば期待はあっという間にどこかに行ってしまう」
と話していた。
さすが枝野さんだなと思います。
マスコミは野党再編がどうなるかと報道しているけど枝野さんは冷静に先を見ていますね。民主党は数合わせでできた政党と言っていいでしょう。そのために党内対立がいつも激しくまとまりがなかった。それがせっかく離れてこれから頑張ろうというときにまた数合わせをすれば元に戻ってしまいます。
しかし無所属で立候補した人や民進党内には参議院もまだ残っているのでそことは個別に交渉はしていく可能性はあると言います。
立憲民主党は上からの政治ではなく草の根からの政治を理念にしています。そして立憲主義を貫き憲法違反の安保法制を合憲に作り替えるとしている。
憲法9条も今のまま改憲すれば今の安保法制を容認したことになり認められないという立場です。
憲法改悪に反対という人は民進党の参議院にもたくさんいると思うのでそこと連携することはまったく矛盾はしませんね。
安保法制にあれだけ反対しながら手のひらを返した希望とはまったく違うのです。
希望の党は今かなり混乱していますね。解党だとか離党だとかいろいろな話が飛び交っています。
立憲民主党は着々と人事も進み党の役職が決まっていっています。
枝野代表
長妻代表代行
福山幹事長
辻元政調会長
菅最高顧問
赤松最高顧問
そして国対委員長には辻元さんがつくといいます。31日の両院総会まで政調会長を兼務するらしいです。
辻元国対委員長楽しみですね。
そして政調会長、総務会長が誰になるのかも気になります。
他の野党と比べて圧倒的に支持率が高いのは立憲民主党が政権批判の受け皿になっていることを表しています。立憲、共産、社民、市民連合の共闘は成功したと思うし次の参議院選挙で必ずいい結果がでると思います。
安倍政権の暴走を止められるのは立憲民主党しかありません。一部の批判的なメディアや自公などがネガティブキャンペーンをしても有権者が立憲民主党を支えなければいけません。立憲民主党は有権者の声を受けとめてできた政党です。
ずっと応援していきましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか