日本シリーズ第2戦、アウト判定がセーフに変わりソフトバンク勝利

非常に後味の悪い敗けとなりました。
一時はDeNAが2リードして逃げ切るかと思ったのですが逆転敗けをしてしまった。
先発はソフトバンク東浜、DeNA今永です。
予想どおり東浜からなかなか点が奪えない。今永も初回に1点を失うが粘り強く投げてソフトバンク打線を抑えます。
6回表にDeNAが梶谷、宮崎のホームランで初めてソフトバンクからリードを奪いました。
そして今永を7回に下ろして継投に入ります。
そこで流れが変わりました。1点を返されて2-3。
さらにランナーをためて満塁からパットンが中村にタイムリーを打たれます。
一人返ってきて3-3、二人目はホームでアウト判定となった。
しかし、ソフトバンク工藤監督が抗議、ビテオ判定となり協議の結果セーフに判定がくつがえった。
これで4-3とソフトバンク逆転。
あとはソフトバンクが継投で逃げ切り2連勝。
非常に悔しい敗けです。ビテオ判定は何度見てもセーフには見えない。絶対にアウトだと思いました。
この1敗はかなり大きな1敗です。
今日勝ってれば勢いに乗って横浜スタジアムだったのに悔しすぎる。
横浜スタジアムで3連勝を願うしかない。
筒香も梶谷も宮崎も当たりは出てきたしロペスも悪くはなさそうだ。
桑原だけ乗り遅れているがラミレス監督が3戦目からどう判断するか。
気持ちを切り替えて横浜で頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?