民進党前原代表辞任へ

民進党の前原代表は明日の両院議員総会で代表を辞任する意向を明らかにしたようです。
政治は結果責任として責任をとるらしい。
そしてその後は離党して希望の党に入党するみたいですね。

公認には今回無所属で当選した岡田氏が有力らしく今回無所属で立候補した議員たちもまだ民進党籍は残っているらしいです。
岡田氏らは10人で無所属の会という会派も作るらしく立憲民主党、希望の党との溝を埋め、両党とも連携していきたいという。
希望の党は共同代表に玉木議員が選ばれる見通しらしくこれから希望がどういう立ち位置をとるかも注目ですね。
維新のように自民党寄りになるのか野党勢力と歩調を合わせるのか。

立憲民主党は今回無所属で当選した山尾議員が入党するみたいです。
また国会での鋭い質問を期待したいです。週刊誌にプライベートなことを叩かれいろいろ大変だったと思うけど政治にはまったく関係のないことです。
選挙で有権者は山尾さんを当選させたのだから民意を得たわけです。堂々と頑張ってもらいたい。

一部の週刊誌、新聞などに立憲民主党に批判的な記事を見ます。出る杭は打たれるというけどここでもしも立憲民主党を潰してしまったら安倍政権に対峙する勢力は日本から消えてしまう。
共産党は今回議席を大きく減らしてしまった。そして維新は自民党に明らかに近い。希望は党内が右から左までいてまるっきりまとまりがない。ミニ民進党といった感じです。

たった55人の政党をなぜ必死にメディアは叩くのか。メディアとは権力を監視するのが仕事ではないのか。
権力者には忖度して弱小政党叩きを一生懸命にする。健全な報道姿勢とは思えません。

今回民進党を離党して希望に行くと見られる前原氏が本当に責任を感じているならば希望の党を自民党の補完勢力にだけはしないでもらいたい。そうでなれば政治家としての信用を取り戻すことはできないだろう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?