民進党はいったいどこへ向かってしまうのか

先日民進党の山尾元政調会長が離党をしました。ていうよりも離党させられたといったほうが正しいと思います。本人は報道を否定し離党も当初は否定していました。
民進党の中からは離党だけではなく辞職すべきとの声まで上がっているという。こういった問題が出たときは自民党なら徹底的に守るだろう。ましてや山尾さんは民進党の若手のホープだ。党にとって大事な存在であり幹事長にも内定していました。それなのに民進党は守りもせずにすぐに追い出してしまう。
まとまりのなさが今回も浮き彫りになりました。さらに週明けには5人離党するらしい。
今後前原民進党はどうやって党を再生していくのでしょうか。
報道では維新との連携が言われています。維新から野党4党はどうなるかと聞かれた時に松野国会対策委員長は5党でやろうと言ったらしい。
民進、共産、社民、自由、維新。
こんなのありえると本当に思っているのだろうか。
共産は維新のことを自民党の補完勢力だとずっと批判しています。
片山協同代表は返事を明確にはしていないらしいが早くも足立議員からは連携したとしても民進はなくなるといった意見がでています。
そもそも社民や共産は憲法改正にはっきりと反対の立場をとっています。改正派の維新とはまったく考え方が違う。民進はいろいろな考え方の人が集まっていて一枚岩ではない。
これではまとまらないと思います。
前原さんは小池新党とも連携に前向きです。
しかし若狹議員からも
「民進党は衰退していく。協力は考えていない」とはっきりと断られています。
一方で細野さんには
「細野氏と連携ならば新しい政治の枠組みを作れる」としている。
これは民進党の議員に離党を促しているようにも聞こえます。
維新にも小池新党にも突き放されているわけだしこれまで通り野党4党で連携するしかないと思います。
山尾さんには自由党に入ってもらい森さんや山本太郎さんと頑張ってもらいたいと思います。
小沢さんが以前言っていました。
民進、自由、社民が一緒になり一つの勢力を作る。その上で他の党との協力を模索する。
野党が一致団結することが大事だと思います。
直近の世論調査の支持率JNN
自民党32.4   民進党6.4
公明党2.8   共産党4.2
維新 1.1           社民党0.8
自由党0.2   日本のこころ0.1
その他0.8   支持政党なし49.4
支持政党なしが約半数もいます。
野党4党でここの支持を集めなければなりません。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?