掛布を切った金本監督。吉と出るか凶と出るか

この間の広島戦で3連敗して優勝の可能性がなくなった阪神は2軍の掛布2軍監督を今シーズン限りでの退任とした。
金本監督は広島カープ出身の監督。広島の練習の厳しさは有名で金本監督も阪神を広島のように厳しく選手を育てたかったらしい。
しかし報道によると掛布2軍監督はかなり選手に甘かったらしい。選手は誉めて育てるタイプのようで練習も選手の自主性に任せるとか。

考え方は違えど近年の阪神を見ていて若手が育ってないかといえば若手は育っていると思います。投手では石崎、秋山、岩貞、岩崎かなり育ってきています。野手でも中谷、大山、高山、糸川。中堅でも今年は上本、大和、俊介らの活躍が目立つ。
僕は掛布2軍監督はしっかりとした育成をしていると思います。
厳しさが必要だと言う金本監督の考えもわかるけど結果が出ているのに掛布2軍監督を今年限りで退任させるのは納得がいかない。

金本監督や矢野、片岡コーチらの時代とは現在の状況は違います。
昔は学校での体罰もさほど問題にならなかった時代。今は体罰がNEWSになるくらいの出来事です。そういう環境で育ってきた選手達がいきなり2軍でスパルタ式の指導をされたらもつだろうか。
時代に合わせた指導をしている掛布2軍監督のほうが僕は正しいのではないかと感じる。

掛布さんはミスタータイガースです。金本監督の次は掛布さんに1軍監督になってほしかった。もっと掛布さんを大事にしてほしい。

広島はたしかに厳しい指導で選手は育ったし強くなりました。
しかし阪神も強くなっています。
若手も育っているしもしメッセが怪我をせず糸井や西岡もシーズン通して万全の状態だったらまだ広島と優勝争いをしていたと思う。

来年こそは阪神は優勝を狙えるのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか