大相撲秋場所初日

大相撲秋場所は3横綱が休場という少し寂しい場所になりました。
しかし若手力士も伸びてきているし出場している力士に3横綱の休場を感じさせないくらいの熱戦を期待したいと思います。

今場所僕が注目しているのはやはり唯一出場している横綱の日馬富士と関脇の嘉風と御嶽海。関脇の二人は二人とも大関を目指すと公言しています。とくに嘉風は35歳のベテラン。もしも本当に大関になれたらかなり下の力士の励みにもなるし盛り上がりますね。頑張ってほしいです。

しかし今日の相手の千代大龍の立ち合いの馬力に残念ながら圧倒されてしまい押し出されました。初日から白星発進とはいきませんでした。
御嶽海も相手の立ち合いからの馬力に負けて押し返すところを落とされました。二人とも幸先悪いです。

そして大関も照ノ富士、豪栄道と二人続けての負け。とくに心配なのが照ノ富士。膝がたぶん完治していないのかもしれない。今場所は門番で後がないだけに心配です。
豪栄道は琴奨菊に上手く取られた。琴奨菊は立ち合いいつもなら突っ込んでくるが今日は左に動きました。豪栄道は的が外れ対応できませんでしたね。
3人目の大関、高安は栃ノ心を無難に寄りきり大関では一人白星発進です。
今場所は3横綱が休場だし高安は初優勝を狙っていかなきゃいけないでしょう。

最後は日馬富士が栃皇山を左からの上手投げてしめました。両肘、両足首にサポーターをしての土俵。日馬富士も万全ではないが一人横綱として千秋楽まで頑張ってほしいです。
立ち合いからそくざに左上手を取り左上手投げは見事です。栃皇山も先場所12勝を上げて復調している相手なのでけして楽な相手ではありません。さすが横綱です。

明日からもいい相撲をたくさん見せてほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?