大相撲秋場所8日目、1敗で豪栄道、阿武咲、大翔丸

大相撲秋場所8日目。
優勝争いは大関豪栄道に平幕で阿武咲、大翔丸が並走する展開です。
今日の土俵でも阿武咲の動きはよかった。相手は三役経験も豊富な栃ノ心。立ち合いあたって押し合いの展開だったが阿武咲がいなしたところを栃ノ心が落ちてしまった。
取組後阿武咲は今度は押しきって勝ちたいと語っていたそうです。膝を痛めているとはいえ栃ノ心にも無難に勝つところを見ると実力は本物だなと感じる。
御嶽海と北勝富士の一番も面白かった。短い相撲だったが伸び盛りの若い力士が立ち合いから思いきりあたって押し合う相撲は見応えがあります。
嘉風と松鳳山もお互いに力をだしあった激しい相撲で館内がわきました。休場力士は多いがいい取組がたくさんあります。
最後は日馬富士が休場から復帰の葵山をしりぞけて土俵をしめました。
豪栄道か、それとも阿武咲か。優勝争いも楽しみです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

発達障害の理解まだまだ進まない

民主党政権は本当に失敗だったのか?