大相撲秋場所7日目。豪栄道、阿武咲1敗守る

大相撲秋場所7日目。
大関の豪栄道、平幕の阿武咲が1敗を守りました。

とくに大関の豪栄道は今場所一番の相撲だった。相手は正代。
立ち合いから厳しい攻めで終始豪栄道の相撲でした。負けた正代はほとんど相撲にならなかった。
門番脱出はもちろん優勝争いも豪栄道中心で進んでいくでしょう。

心配だった日馬富士も松鳳山をなんとかしりぞけました。立ち合い張りざしを選択したがさすことはできずに離れての相撲になりました。途中捕まえて寄りきり。
満身創痍の中土俵に上がり続ける姿勢は立派だと思います。

今日から初日から休場していた佐田の海が出場しています。明日からは葵山も出場する。
厳しいことを言うようだが上位陣で休場している横綱、大関陣も1日でも2日でもお客さんに相撲を見せれるなら出場するべきではないだろうか。もちろん体調面を見てだとは思うが相撲はスポーツであり興行でもあります。出場できる日は1日でも相撲を見せるべきだと思います。

優勝争いとか関係なくもしも土俵に上がってくれたらお客さんはすごく喜んでくれるのではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

民主党政権は本当に失敗だったのか?

杉田議員のLGBTに対する発言に思うこと