大相撲秋場所3日目

大相撲秋場所3日目は残念ながら昨日怪我をした高安、宇良も休場となってしまいました。
これで3横綱1大関、蒼山、佐田の海、宇良の休場の場所となってしまった。
昨日の放送で幕内の平均体重は一番軽いときとくらべて50キロ増えたと言っていました。やはり力士の大型化が怪我の原因となっていると思います。力士一人一人に任すのではなく協会としても怪我防止の対策が必要ではないかなと感じます。
3日目の土俵は関脇以上だと御嶽海に初日が出ました。昨日一昨日と立ち合いのあたりが弱かったが今日は立ち合い負けせずにあたれていました。
豪栄道、嘉風の一番は今日一番楽しみにしていたのですが豪栄道が立ち合いに変化してあっけなく嘉風が落ちてしまった。熱戦を期待していただけに残念です。
照ノ富士は栃ノ心とがっぷり四つになりなんとか寄りきって初日が出ました。
豪栄道も照ノ富士も門番なだけにまずは8勝したいところでしょう。
横綱日馬富士は立ち合いにまっただと思い力を抜いたところを琴奨菊にそのまま寄りきられてしまいました。なんとも残念な負け方です。
これで上位に全勝がなくなりました。
まだ3日目ですが今場所見ていて調子いいなと感じるのは千代大龍と阿武咲です。
かなり勝ち方が強い。二人とも立ち合いのあたりが鋭く今場所はかなり大勝ちする感じがします。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

発達障害の理解まだまだ進まない

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

野党共闘の鍵はやはり小沢一郎。非自民でまとめられるか